気ママブログ in U.S.A→Japan

主人の留学に伴いワシントンD.C.近郊のMarylandで生活することになりました。アメリカ生活を気ままに綴ってみたいと思います。がっ、帰国しました。日本を新しい視点で見れるようになり、充実した毎日を過ごしています。

Archive [2009年03月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

六義園(りくぎえん)

いよいよ桜の季節になりました。東京では、咲いている桜と咲き始めた桜が入り交じっています。 そんな中、一足先に、都立庭園の六義園や小石川後楽園の桜たちは満開を迎えているとのことで、早速、六義園へと出かけてきました。 ここ六義園は、川越藩主・柳沢吉保の下屋敷に作られた大名庭園です。以前訪れた小石川後楽園は、水戸藩の上屋敷。この上屋敷とか下屋敷というのは、その藩が持っている家が江戸に近い物から順に、上屋...

げ・げ・げげげのげ~♪

最終日、PAPAは学会発表なので、KenKenと二人で「ゲゲゲの鬼太郎の街」へと出かけました。 米子駅からJR境線に乗り換えです。もう、そこは、妖怪ワールド JR境線の駅は、一駅一駅、別名を持っています。スタート地点の米子駅は・・・ ねずみ男駅!! こ~んな電車に乗って、終点、境港駅を目指します。 電車では、MAMA、すっかり 妖怪の仕業かな?? 境港駅を降りると、そこは妖怪の街 いたるところに、ゲゲゲの鬼太郎...

世界遺産・石見銀山

二日目午後は、世界遺産に登録されている石見銀山(いわみぎんざん)まで車で行ってきました。 石見銀山は、名前の通り、銀がとれる山です。その歴史は、鎌倉時代にまで溯ります。この銀山一帯が栄えたのは、16世紀で、ここの銀は、東アジアをはじめ、ヨーロッパにまで出回ったそうです。 世界遺産に登録されたのは、銀がとれる鉱山とかつての鉱山町の一帯で、とにかく広大なんです。住んでいる人以外の車での進入は禁止されてお...

玉造温泉

今回の旅では、松江から車で15分程の玉造温泉に宿泊しました。 玉造(たまつくり)地域は、日本神話にも出てくる地域なんです。 昔々、天照大神が岩戸に隠れてしまったときに、色々なことをして出てきてもらおうとしました。そのひとつ、捧げものとして用意した勾玉は、ここ玉造地域で作られたのだそうです。そのため、あちこちに勾玉が!!あらっ、川の中にも!! 更に、温泉の歴史としては、とても古く、出雲風土記(733...

出雲大社

この3連休で、島根県方面へ行ってきました。 まず、向かったのが、出雲大社。といっても、腹ごしらえからです。 これが、出雲地方の郷土料理「出雲そば」 割子と呼ばれる重箱におそばが入っていて、つゆをお重の中に注いでいただきます。とっても美味しくて、KenKenも3段、ぺろりっ!! さてさて、いよいよ日本神話の世界、出雲大社へ。 出雲大社は、大国主大神(おおくにぬしのおおみかみ)をお祭りしている大社です。こ...

小石川後楽園

今日は、久々の晴れです お外で元気に遊ぼう!!ということで、KenKenと自転車でぶらっと遊びに行ってきました。 なんとなーく、辿り着いたのが、小石川後楽園本当は、KenKenが楽しめる遊具のある公園に向かっていたのですが、KenKenがここに寄ろうと言ってくれたので、思いがけず「和」を楽しむことができました。 入ってすぐに大きなしだれ桜があるのですが、もちろんまだです。でも、今月末には満開になるのかと思うと、楽...

左サイドMenu

プロフィール

2006年4月から2008年9月の約2年半、アメリカ メリーランド州で貴重な経験をすることができました。現在は、お江戸暮らしを満喫し、和に夢中です。
アメリカ、特にワシントン及びその近郊の情報HPを作成していました。現在も二代目管理人が更新してくださっています。
神経疾患治療マニュアルもよろしくおねがいします。
 iTunes Store(Japan)




たまひよSHOP

ベルメゾンネット

最近の記事

右サイドメニュー

第一の故郷 ~東京~

日本の首都東京は、歴史あり、文化ありの大都会。 線路なんて、JRと地下鉄で迷路のようになっているよ。 それから、それから・・・ ここからはブログでのお楽しみ☆

ブログ検索

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

英語の絵本たち

1歳半から2歳にかけて好きだった絵本。どれも昔から親しまれている有名な絵本です。



3歳になって好きになった絵本。物語を理解できるようになりました。

KENchangのお気に入り


一押しアメリカングッズ

ロビーズは、とても履かせやすい子供靴で、よちよち歩きの時に重宝しました。アメリカでは、殆どの子供たちが履いています。

Vera Bradleyのバッグは、軽くて使いやすい!特に、ボーラーという型が、ポッケが多くて、子供用品を持ち歩くのにピッタリ!!A4ノートが入るサイズです。
Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】
とうとう、日本にも上陸しましたね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。