気ママブログ in U.S.A→Japan

主人の留学に伴いワシントンD.C.近郊のMarylandで生活することになりました。アメリカ生活を気ままに綴ってみたいと思います。がっ、帰国しました。日本を新しい視点で見れるようになり、充実した毎日を過ごしています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Grab @ シンガポール

今年の夏休みは、子供二人と私の三人でシンガポールへ行ってきました。


シンガポールに7年前にKenKenと二人旅をした時に、とにかくタクシーの待ち時間が長いことに苦戦したことを覚えています。


現在、Uberが日本でも使われるようになりましたが、シンガポールではUberはGrabに買収されたとのことで、Grabで勝負です!


まず、日本でGrabをスマホにインストール。残念ながら、日本では使えないので、お試しはできません。

その後、PCでGrabにクレジットカードを登録しました。やり方は、検索すると詳細なHPが出てきます。


いざ、チャンギ国際空港に着いて、Grabお試しです!!


Grabでは、タクシーと普通の車、相乗りを選べるのですが、まずはGrabCarで挑戦です。


うわーっ!ビックリ!!本当に普通の家庭用の車が来ましたよ。


ある意味、普通ではない、ショッキングピンク!!


運転手は普通のおばちゃん(中国系)だよ。


おばちゃんとおしゃべりしながら、ホテルまで。

もともと配車依頼時点で、乗車位置と降車位置を指定するので、おしゃべりはしなくても大丈夫です。


おばちゃんから注意を受けたのですが、タクシーでは子供が乗車するのにチャイルドシートやブースターシートは要らないけれども、GrabCarは普通の車なので子供用のイスが必要なんですって。


初めてで知らないから乗せてあげるけど、断る運転手もいるから注意してね。とのことでした。


そういうわけで、翌日以降は、折角の安上がりなGrabCarですが、GrabでStandard Taxiを利用することになったのでした。


それでも、待ち時間はないし、意外と迷わずに車を見つけられるしで、Grab必須でした。


落ち合えるのかがとにかく心配でしたが、配車を受けてくれた車のNumberがスマホに表示されます。

あと、到着または近づくと、メッセージが送られてきて、必ず落ち合えました。

一度、運転手さんから電話がかかってきてしまい、あー国際電話料金(^^;;ということはありましたが。

メッセージを読めるくらいの英語力があればノープロブレムです。


ちなみに、おばちゃんに、日本ではUberでは高級車が配車されるから、普通のタクシーより高いんだよ。って話たら驚いていました。


やっぱり、地球の歩き方!

Flat Stanley

まだ、このブログを見て下さる人がいらっしゃることに、感激です。

ところで、Flat Stanleyってご存知ですか?

わたしたちは、こどもが幼少期の時期しかアメリカに滞在していなかったので、実際に学校の宿題というのは経験をしたことがありません。
アメリカ滞在中に、ボストン在住の方のお子さんの宿題で"Flat Stanley"の課題を楽しくお手伝いさせていただいたことがあります。

Flat Stanleyという絵本があるのですが、ペラペラになったStanleyくんがペラペラになったことを上手に活かして活躍するお話です。お話の一部に、封筒に入って、Stanleyくんが旅行をする場面があります。
それをもとに、自分たちが住んでいるところとは離れているお友達や親戚にStanleyくんを郵送して、そこで色々と記念撮影をして、写真とともにまた送り返してもらうという宿題が出るそうです。

KenKenは、早いもので小学校5年生になりました。現在、社会では地理を勉強しています。

そこで、夏休みの自由研究は、以前から自分たちでもやってみたいと思っていたFlat Stanleyくんにすることにしました。

もし、ご協力を頂ける方がいらっしゃいましたら、KenKenのFlat Stanleyくんをダウンロードしていただき、写真をメールで添付して送って頂けないでしょうか?
わがやのStanleyくんは、光回線に乗れてしまいます!!あら、不思議!?

東京以外であれば、国、都道府県、問いません。最近のRockvilleやBethesda Areaも見てみたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

KenKenのFlat Stanleyのダウンロードはこちら。
https://dl.dropboxusercontent.com/u/459100/スキャン.jpeg

メールアドレスはこちら。
kenkenkenstanley@@yahoo.co.jp
(@を一つ消して下さい。)

どうぞよろしくお願いいたします!!


mamasnews管理人  拝


下書き

下書き

左サイドMenu

プロフィール

2006年4月から2008年9月の約2年半、アメリカ メリーランド州で貴重な経験をすることができました。現在は、お江戸暮らしを満喫し、和に夢中です。
アメリカ、特にワシントン及びその近郊の情報HPを作成していました。現在も二代目管理人が更新してくださっています。
神経疾患治療マニュアルもよろしくおねがいします。
 iTunes Store(Japan)




たまひよSHOP

ベルメゾンネット

FC2ブログ

最近の記事

右サイドメニュー

第一の故郷 ~東京~

日本の首都東京は、歴史あり、文化ありの大都会。 線路なんて、JRと地下鉄で迷路のようになっているよ。 それから、それから・・・ ここからはブログでのお楽しみ☆

ブログ検索

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

英語の絵本たち

1歳半から2歳にかけて好きだった絵本。どれも昔から親しまれている有名な絵本です。



3歳になって好きになった絵本。物語を理解できるようになりました。

KENchangのお気に入り


一押しアメリカングッズ

ロビーズは、とても履かせやすい子供靴で、よちよち歩きの時に重宝しました。アメリカでは、殆どの子供たちが履いています。

Vera Bradleyのバッグは、軽くて使いやすい!特に、ボーラーという型が、ポッケが多くて、子供用品を持ち歩くのにピッタリ!!A4ノートが入るサイズです。
Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】
とうとう、日本にも上陸しましたね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。